物覚え雑記帳

自分の為にまとめたり整理しておきたいこと雑記帳/記事の共有をしてもらえると嬉しいです

【ClipStudio】選択範囲を使いこなそう(カスタマイズなど)

クリスタの初心者向けに、範囲選択ツールのカスタマイズ例と、ツールバーには無い他の便利な範囲選択方法を紹介します。初心者でなくても意外に知らない設定があるかもしれないので、是非チェックしてみて下さいね。

 

 

はじめに(ツールバーのカスタマイズ)

選択範囲ツールは設定項目が意外に多く、バリエーションが出せます。

複製して設定違いのものを増やしておくとすぐに使えて便利なのですが、サブツール一覧が煩雑になるため、以下のようにツールバーのアイコンを複数に分けることをおすすめします。(サブツールをツールバーにドラッグすると分解出来ます。)

f:id:coca6:20210810105846p:plain

長方形&楕円&折線、自由選択、選択ペン、自動選択で分けた例

 

比率とサイズ指定で選択(長方形選択)

長方形選択ツールは、比率(%)とサイズ固定(px)で指定が出来ます

f:id:coca6:20210810204941p:plain

決まったサイズでトリミングすることが多い場合はサブツールに用意しておくと便利です。

ASSETSにてよくある比率設定のサブツールセットを無料配布しているので、自分で設定するのが面倒な方はどうぞ。

選択範囲ツール詰め合わせ - CLIP STUDIO ASSETS

 

参照色や範囲を限定して自動選択(シュリンク選択)

投げ縄選択は囲った範囲内全てを選択するのに対し、シュリンク選択は、囲った範囲内の特定部分のみを選択してくれるツールです。

設定によって参照範囲が限定できるほか、選択対象も、色のある部分のみや閉じた領域内の透明部分のみなどに絞ることが可能です。線画などで、隣接した細かい部分を上手く選択するのが難しい場合などにも便利です。

 

こちらは設定項目が多いので、以下の公式マニュアルを参照して下さい。

CLIP STUDIO PAINT ツール設定ガイド - 選択範囲(シュリンク選択)

 

またこちらも初期設定をカスタマイズしたものを配布しています。

選択範囲ツール詰め合わせ - CLIP STUDIO ASSETS

どれも下書き・用紙・ロックされたレイヤーは参照せずに、「全ての色+閉じた領域内の透明部分」「全ての色」「閉じた領域内の透明部分」を選択する3種です。

f:id:coca6:20210810145128p:plain

フキダシ内は白、絵の内側は透明

なお、参照先の設定で「A」(テキスト)をクリックすれば、フキダシやテキストは非表示にせずとも無視して、その下の絵を選択することも可能です。漫画原稿の際に重宝しています。

 

選択ペン/消しに筆圧設定をつけて使用

初期ツールの選択ペン/消しは筆圧の影響を受けませんが、通常のペンと同じように筆圧設定を付属して強弱をつけることができます。通常のままより格段に使いやすくなると思うので、是非利用しましょう。

f:id:coca6:20210810205208p:plain

赤丸部分をクリックで筆圧設定

こちらも簡単な強弱設定を施したものを上記のセットに収録しています。

選択範囲ツール詰め合わせ - CLIP STUDIO ASSETS

 

「クイックマスク」で描写した部分を選択範囲に

「クイックマスク」はメニューバーの「選択範囲」から実行する形の選択ツール。

クリックすると「クイックマスク」レイヤーが一時的に作成され、そこにブラシで描写したり消したりすることができます。

この時描写された部分は赤く表示され、再度「クイックマスク」をクリックして解除すると、描写部分がそのまま選択範囲になります。(以下のように不透明度も保持されます。)

f:id:coca6:20210810204527p:plain
f:id:coca6:20210810204536p:plain
f:id:coca6:20210810204543p:plain
クイックマスク実行中→ 赤い部分がクイックマスク上にブラシで塗った個所 →解除すると選択範囲に

ペン選択と似ていますが、実行中は点線化せず色付きのままなので、こちらの方が視覚的に分かりやすいですし、好きなブラシをそのまま使用することが出来ます。

参考:CLIP STUDIO PAINT リファレンスガイド - クイックマスク【PRO/EX】

*メニューバーから選択する手間があるので、クイックアクセスに追加しておくと格段に使いやすくなります。

 

色を指定して選択(色域選択)

「色域選択」もメニューバーの「選択範囲」から実行可能な機能で、スポイトで指定した色域を選択するというもの。色の許容誤差や参照範囲が指定できます。

f:id:coca6:20210810205350p:plain

白部分を一か所クリックして選択したところ

参考:CLIP STUDIO PAINT リファレンスガイド - 色域選択【PRO/EX】

 

選択範囲をレイヤーにしてストック

選択範囲を作成したあと、メニューバーの「選択範囲」から「選択範囲をストック」をクリックすると、選択範囲が選択範囲レイヤーというものに変換され、選択範囲をレイヤー上に保存できます

選択範囲レイヤーを選択すると、範囲が緑色で表示されます。通常レイヤーと同じように加筆や消去も可能です。

f:id:coca6:20210810205654p:plain
f:id:coca6:20210810205701p:plain
f:id:coca6:20210810205711p:plain
範囲選択→ 「選択範囲をストック」をクリックすると緑色になる →レイヤー上には選択範囲レイヤーが出来る
f:id:coca6:20210810205834p:plain
f:id:coca6:20210810205843p:plain
追加で左右の花部分を選択→ 「再度選択範囲をストック」で新しい選択範囲レイヤーが出来る

保存した選択範囲を使用する時は、サムネイル上でダブルクリックして下さい。(または選択範囲レイヤーのサムネイル上で右クリック→「レイヤーから選択範囲」→「選択範囲を作成」をクリック。)

参考:CLIP STUDIO PAINT リファレンスガイド - 選択範囲をストック【PRO/EX】

 

何度も同じ選択範囲を使用する可能性がある場合は、この機能を使用することで効率化できます。こちらもクイックアクセスに追加しておくのがおすすめ。

 

マスク機能も便利に活用しよう

マスク機能は、レイヤーまたはフォルダー上の指定した範囲の描画を非表示に出来る機能です。選択範囲を作成したあとマスクのアイコンをクリックすると、選択中のレイヤーまたはフォルダーにマスクがかかり、選択範囲のみが表示されるようになります。

こちらも使用方法は長くなってしまうので、詳しくは公式ガイドをご覧下さい。

CLIP STUDIO PAINT リファレンスガイド - レイヤーマスク

 

この機能は、例えば塗り潰した範囲をデコレーションブラシなどで削る際にも便利です。単純にレイヤーの描画を削ってしまうと、後でもう少し広い範囲に描画が必要だった…などという場合、上手く加筆して誤魔化すか、改めて一度手作業で消して塗り潰しからやりなおしたりする羽目になります。しかし削りをマスク上で行えば修正が手軽になります。

 

f:id:coca6:20210810211900p:plain
f:id:coca6:20210810211850p:plain
f:id:coca6:20210810211132p:plain
作例 ① ②(先の方) ③

※線画と色は別レイヤーです。

Ctrl+Aでキャンバス全体を選択。

色塗りレイヤーを選択した状態で、レイヤーパレットのマスクアイコンをクリック。色塗りレイヤーにマスク範囲無しのマスクが作成される。

 もしくは

表示させたい部分だけ範囲選択する(この場合は絵の内側)。

色塗りレイヤーを選択した状態で、レイヤーパレットのマスクアイコンをクリック。色塗りレイヤーに選択範囲のみが表示されるマスクが作成される。

マスクのサムネイルをクリックするとマスクの編集になるので、その状態で削りを施す(マスクの表示部分を削る)。

マスクを削除すると絵が1枚目の状態に戻ります。 

 

後者の方が便利のように思われるかもしれませんが、状況によっては前者の方が楽だったりもします。

またやり直しの際、再度選択範囲を取るのが面倒になりそうな場合は、選択範囲をマスク化した後あえてレイヤーの方で削って、やり直す際にはマスクから選択範囲を選択し、もう一度ベタを施してやり直す、という方法もあります。

 

---

何か参考になれば嬉しいです!