物覚え雑記帳

自分の為にまとめたり整理しておきたいこと雑記帳/記事の共有をしてもらえると嬉しいです

Blenderアドオン「import images as planes」画像を平面ポリゴンで読み込み

f:id:coca6:20210722160206j:plain

blenderのアドオン「import images as planes」は、画像を平面ポリゴンに貼り付けてオブジェクトとして読み込めるというもの。導入方法と使い方のほか、マテリアルビューで半透明になってしまう場合の修正方法をまとめておく。

 

blenderバージョン:2.9で説明。

 

出来ること

記事の一番上の画像のように、指定した画像を平面ポリゴンのオブジェクトとして読み込むことが出来る。ワンクリックで適切なアスペクト比でオブジェクトが作成されるので楽。

 

導入方法

上部メニューの「編集」→「プリファレンス」→「アドオン」で、検索フォームに「image」と入力すれば見つかるはずなので、チェックボックスにチェック。

f:id:coca6:20210722155416p:plain

「追加」メニューの「画像」に「images as planes」が追加される。

f:id:coca6:20210722160815j:plain

クリックすると画像が指定できるので、「平面として画像をインポート」をクリックすると完了。なお、画像を指定する際右側に以下のような設定メニューも出る。

f:id:coca6:20210722161150j:plain

 

半透明になる場合

マテリアルビュー上で、作成したオブジェクトのマテリアルが半透明になってしまう場合がある。 

f:id:coca6:20210722161707j:plain

透けてグリッドが見えている。

f:id:coca6:20210722161737j:plain

厚みを付けてみても、この通り透けて裏面が見える。

修正方法

これは「マテリアル」タブの「背面を表示」にチェックが入っているのが原因。

f:id:coca6:20210722162235j:plain

このチェックを外すと不透明な状態になる。

f:id:coca6:20210722162458j:plain

f:id:coca6:20210722162510j:plain