物覚え雑記帳

自分の為にまとめたり整理しておきたいこと雑記帳/記事の共有をしてもらえると嬉しいです

【ClipStudio】で漫画原稿を描く際におすすめしたいこと(初心者向け)

クリスタ(ClipStudio)で漫画原稿を描く際に知っていたらちょっと効率化になるかもしれない設定やツール、レイヤー構成などのトピック集です。かつて自分がもっと早く知っていたら…と思った体験を元にまとめたのでかなり偏り気味。初心者だけどある程度の操作や機能は把握している人向け。思いつき次第追加するかも。

個人的な設定やレイヤー構成なども紹介しています。一個人の偏った例でしかないのでどこか参考になるものがあれば…程度に見て下さい。

  

 

原稿用紙の設定

裁ち落とし幅は迷ったら5mm

大抵の印刷所は3mmか5mmですが、3mm指定の印刷所に頼むつもりが急遽別印刷所に変更してそちらは5mmだった…ということを過去に体験したので、念の為5mmにしておくと安心

原稿用紙のテンプレートを作ろう

原稿ファイルを作る際、テンプレートが設定出来ます。これを設定すると全てのページにテンプレートが適用されて、レイヤーやフォルダ、トーンなどをページごとに作らなくて済みます。

テンプレートの作り方
  1. 新規作成で、今後使用したい設定の原稿用紙(単体ページ)を作成します。
  2. 作成した原稿用紙に、毎回使うであろうレイヤーやフォルダを構成した後、「編集」>「素材登録」>「テンプレート」で、任意の名前とフォルダを指定して「OK」。この原稿用紙は保存せずに破棄してOKです。
  3. 新規作成のコミックの原稿設定の「テンプレート」にチェックを入れ、右横の四角をクリックして作成したテンプレートを選択します。これで全てのページにテンプレートが適用されます。
個人的なレイヤー構成

参考に私個人のレイヤー構成を紹介します。

f:id:coca6:20210715213520p:plain

「ガイド」フォルダーには裁ち落とし・仕上がりの外側を塗り潰したものと奇数・偶数ページの綴じ側を塗り潰したレイヤーを入れています。出力しなくても仕上がり範囲の確認が手軽に出来て便利です。奇数偶数は手動で表示を切り替える手間がありますが…混乱しそうなページにだけ使用しています。

なお、このガイドフォルダーはB5判600dpiのものならASSETSにて無料配布しているので宜しければ使ってみて下さい。→原稿出力範囲ガイドB5+切抜きアクション - CLIP STUDIO ASSETS

f:id:coca6:20210715211239p:plain

「コマ枠」は基本的には1つだけ。「枠線分割」を使用してコマを割ります。「コマフォルダー分割」だとフォルダが煩雑になりすぎるので。

「テキスト」はふきだし等のテキストレイヤーを収納するもの。コマ枠の外側や隙間にふきだしの線が表示されないように、「コマ枠」フォルダ内に入れています。ふきだしをコマ枠の上に重ねる場合は、「テキスト」フォルダをもうひとつ「コマ枠」フォルダの上に置きます。ただそれだとレイヤーが多い場合探すのが手間になるので、最近は「コマ枠」フォルダの上にひとつだけ置いて、コマ枠外に線を出したくないふきだしレイヤーにはマスクをかけて対応しています。

「ペン」は線画用フォルダ。私は1ページ6コマ前後が多いので、1~6のレイヤーを用意しておき、コマごとに別のレイヤーに線画を描いています。↓色分けで見やすく。1コマ中で複数のレイヤーに分けたい時はこのレイヤーをコピーして使用。

f:id:coca6:20210715213755p:plain

「トーン」は基本のトーンレイヤーではなく、レイヤープロパティのトーン化を使用しています。「基本」フォルダごとトーン化をし、フォルダ内には不透明度を変えたレイヤー(よく使う濃度)と、スクショには無いですがキャラの髪や服など濃度が決まっているものも追加しています。コマ専用のレイヤー(1~6)があるのはコマ別にグラデ等を多用していたため。違う線数のトーンや柄物のレイヤーを使う場合は、「トーン」フォルダ内に別のフォルダを作成して入れています。

f:id:coca6:20210715213234p:plain 

「下書き」はコマ枠フォルダの外で、ペンと同じく1~6のレイヤーが入っています。コマごとにレイヤーを分けるのは一見面倒そうですが、コマ枠を実際に引く(コマを割る)前に、レイヤーごとに移動や拡縮をしてコマ割りを最終調整することが出来るので、コマ割りに自信が無い人にはおすすめ。下書きが確定したらフォルダごと「下書きレイヤーに設定」「レイヤーカラーを変更」をオンにします。

 

テキストの打ち出しにはストーリーエディターを使用(EXのみ)

EX版だとストーリーエディターという機能があります。簡単に言うとテキストデータを一括で管理する機能で、改行で別々のテキストにしたり、ページ間を移動させたり、フォント設定をまとめて変更することが出来ます。台詞やモノローグなどのテキストは直接ページに打ち出すより、これを使用した方がはるかに便利。詳しくは公式のTIPSを参照。

ページ管理とストーリーエディターを活用する【EX】 "便利な機能 #6" by ClipStudioOfficial - CLIP STUDIO TIPS

 

よく使うツール設定はサブツールに登録

分かりにくい見出しですが…以外に忘れがちかもしれないこと。

↓のようにグラデーションツールに濃度を指定したグラデーションを用意しておいたり、

f:id:coca6:20210715220735p:plain

↓テキストによく使うフォント設定をいくつか登録しておくと、いちいち設定を変更する手間が減って便利です。

f:id:coca6:20210715221137p:plain

選択範囲も初期ではひとまとめになっていますが、以下のように分けておくと使いやすいです。→【ClipStudio】選択範囲を使いこなそう(カスタマイズなど) - 物覚え雑記帳

f:id:coca6:20210810105846p:plain

 

クイックアクセスで便利に

漫画に限らずな内容。クイックアクセス自体についてはこちら↓

CLIP STUDIO PAINT リファレンスガイド - クイックアクセスパレット【PRO/EX】

 

特にipadを使用しているユーザーは良く使うペンやツールを登録しているようですが、PC版ユーザーの私はそういったものは登録せず、ツールパレットだけで管理しています。(ショートカットキーで切り替えられるように。)

で、クイックアクセスはというと、多くはメニューバーから実行する項目の中から使用頻度が高いものを登録しています。↓のようにツールパレットの横に縦長に配置。拡縮や自由変形、印刷サイズ表示、線幅修正、線色変更、カラーの白黒指定や入替え、トーン領域の表示、書き出しなど…。

f:id:coca6:20210715222621p:plain

タブ(ボタンみたいになってますが)を「透明度」に切り替えるとレイヤーの不透明度の変更アクションがずらっと。(アイコンは配布物。)一番下は下書きレイヤー化アクション。

f:id:coca6:20210715223114p:plain

その下の「レイヤー」はレイヤー名の変更アクションで、キャラ名とか「背景」とか「修正」とか諸々よく使うレイヤー名をいくつか用意して並べてあります。些細な事だけど何気に便利。ただしアイコンを用意するのは結構面倒…。

 

番外:デコレーションブラシ増えすぎ問題

ASSET巡回大好きなのでデコレーションブラシ増え過ぎなんですよ…。良く使うのはクイックアクセスに登録とか、あまり使わないものは都度素材パレットから追加しようとかも聞きますが、結局大量過ぎてそれもいまいち勝手が悪い。一つのグループに登録し過ぎても読み込みが遅くてイライラする。仕方ないのでデコレーションツールを使用頻度によって大きく2つに分け、更にグループを大量に小分けしてます。

今こんな感じ。いや多過ぎでしょ。実は殆ど使ってない。けどいざという時目的の物を素材パレットから探し出す方がかなり手間なんだよなあ…。原稿が一区切りついた後なんかに定期的に整理しています。

f:id:coca6:20210715223822p:plain f:id:coca6:20210715223835p:plain